スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌のたるみ

夏で露出度がどんどんUPしていますよね。

ということは、見られる対策を考えなければなりません。

正確には、見てもらえる対策!?かな。(笑)

見られる中でも、気になるのは 

『たるみ』

です。

では、『たるみ』の種類に、どんなものがあるのでしょうか!?

たるみには、大別すると、4種類に分けられるんですね!!

それでは、どうして、『たるみ』が発生するのでしょうか?

それは、シワと同じように、コラーゲンの変性によって、できるのです。

コラーゲンが、弾力を失うことで、重力に逆らえなくなるので、「たるむ」ってわけですね。

すなわち、

「シワ」と

「たるみ」は、

原因も対策も同じってことです。

たるみ予防には、シワ用と同じ美容液を、使用するといいですね♪

でも、人によっての肌のタイプ・顔立ちによって、

『たるみ』

は、形を変えます。

-たるみ毛穴-

頬などの毛穴の開きから、初期のたるみは、現れ始めます。

若いうちは、ハリがあるコラーゲンが、真皮にぎっしりとあって、

毛穴をまわりから支えているから大丈夫。

でも…それが、徐々にゆるんで、支える力が弱くなって、毛穴が開いてきてしまうんです。

それが、たるみ毛穴です。

この、たるみ毛穴が、繋がるようにして、「シワ」ができちゃうんですね。

-二重アゴ-

太ったわけでもないのに、二重アゴになるのは、なぜ??

それは、フェイスラインのたるみなんです。

頬からアゴにかけて、顔の中で、もっとも脂肪が厚い部分です。

それを、皮膚が支えられなくなって、下がるってことです。

-法令線-

口の両側にシワができること、それこそが法令線です。

これは、他の表情ジワとは違って、たるみによってできるものです。

だから、いくら無表情でいたとしても、消えないんですね(´∩`。)

口もとの皮膚のたるみと一緒に、頬の厚い脂肪が、下がってきているんだそうです。

この法令線は、他のシワと比べて、とっても深いシワです。

コラーゲン注入・ヒアルロン酸注入じゃないと、改善は難しいんだそうです。

-涙袋-

目もとの薄い皮膚がたるむと、クマが目立つようになります。

目を保護するため、眼球まわりには、「眼窩脂肪(がんかしぼう)」があるそうです。

これを支える、下まぶたの皮膚がたるんで、ぷっくりとふくらんで見えるようになります。

これが、涙袋と呼ばれるものです。

目もとの老化は、人によって現れ方が違います。

上まぶたに、たるみがきてしまって、重く垂れ下がるタイプの人もいますね。

モット知りたい方は、たるみ解消専門サイトたるみナシ.com

チェックして見て下さい。

見られる、いや見てもらえるあなたになれるように♪

スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

Julilia

Author:Julilia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。